注目レースの結果・回顧注目レースの結果・回顧

香港

2018/12/10 15:24
香港スプリントの結果


9日(日本時間同日午後)、香港のシャティン競馬場で行われた芝1200mのG1香港スプリントはK.ティータン騎手が騎乗したMr Stunning(ミスタースタニング)が制して、日本のロードカナロア以来となる香港スプリント連覇を果たした。

ディフェンディングチャンピオンであったミスタースタニングだが、その後は2着4回、3着1回と勝ち切れず、その一方、これまでデビュー以来、10戦9勝2着1回といった成績を残す新星Hot King Prawn(ホットキングプローン)が日本でのお馴染みのモレイラ騎手が鞍上ということもありこちらに1番人気を譲る形に。

ゲートが開くとそのミスタースタニングとホットキングプローンといった人気馬2頭が前に行き、結局は後者がハナを切り、日本のファインニードルは中団で前を見ながらの競馬の競馬となった。3角までハナを切って快調に走っていたホットキングプローンだが、外からルメール騎手が騎乗したIvictory(アイヴィクトリー)がこれに迫る形となったが、ティータン騎手はこれを深追いすることなく、ミスタースタニングは3番手をキープ。

ホットキングプローンとアイヴィクトリーが併走したまま先頭を走り、そのまま最後直線に向かうと、2番手には内からD B Pin(ディービーピン)、真ん中にミスタースタニング、外からファンニードルとこれら3頭もほぼ横一線で前を追った。前にいた5頭の中で最初に脱落したのはファインニードルであり、残り150m地点では残りの4頭が綺麗に横一線となったがそこから抜け出したミスタースタニングがそのまま1着でゴール。2着にはディービーピンが入り、ムーア騎手鞍上のBeat The Clock(ビートザロック)が最後追い込むも3着までであった。なお、日本のファインニードルは直線半ばまで踏ん張りを見せたが最後は8着に終わり、ルメール騎手騎乗のアイヴィクトリーは6着であった。

勝ったミスタースタニングは父Exceed and Excel、母With Fervour(母の父Dayjur)という血統の6歳セン馬。この馬は海外からの移籍馬ではなく、香港デビューしているが、頭角を現したのは昨年の春。それまで重賞戦への出走は一度なく、デビュー10戦目にはじめてG2のスプリントCに出走するといきなり1着となり、続くG1初挑戦のチェアマンズスプリントプライズでも2着に好走。

その後、60.5キロを背負った沙田ヴァーズとナショナルデイCは8着、6着に敗れたが、昨年10月のG2戦プレミアボウルでの勝利を皮切りに、3連勝で昨年の香港スプリントプライズで初のG1戦勝利をあげた。その後は冒頭に記述したように勝ち切れないレースが続いていたが、今回香港スプリントを連覇して、再びスプリント路線の頂点に立ったのである。

ちなみに鞍上のティータン騎手だが、香港でのG1はこれがうれしい初勝利となった。

香港スプリント(G1)
香港/シャティン競馬場・芝1200m
1着Mr Stunning(ミスタースタニング)
2着D B Pin(ディービーピン)
3着Beat The Clock(ビートザクロック)