海外競馬通TOPホース&ジョッキー海外競馬通TOPホース&ジョッキー

11月11日TOPホースランキング(ロンジンワールドベストレースホースランキング)

11月11日ジョッキーランキング(ロンジンワールドベストジョッキー)

Rank 1 Arrogate(アロゲート) 調教国:アメリカ Rating:134
Rank 1 Arrogate(アロゲート)
調教国:アメリカ
Rating:134

【主な勝ち鞍:ドバイワールドC、ペガサスワールドC招待】

先日、行われたブリーダーズCクラシック。事前にこのレースがラストランとなることが発表となっていたアロゲートだが5着に終わり、最後まで7連勝でドバイワールドCを圧勝した輝きを取り戻せずに終わった。残念ではあるが、ここ3走の敗戦でこれまでのG1戦4勝の実績が色あせることはない。種牡馬として、自身と同じく世界に通用する産駒を輩出してくれることを祈っている。

Rank 2 Winx(ウィンクス) 調教国:オーストラリア Rating:132
Rank 2 Winx(ウィンクス)
調教国:オーストラリア
Rating:132

【主な勝ち鞍:コックスプレート、クイーンエリザベスS、ジョージライダーS】

集計期間においては9戦9勝、G1戦を6勝。今年最後の出走レースであり、当初から最大の目標あったコックスプレートも勝利して、同レース3連覇を達成。レーティングは132のままであったが、芝では世界ナンバー1、そして牝馬でもナンバー1をキープ。最早、オーストラリアでは敵なしであるのは間違いなく、陣営は次なる目標の1つに海外G1レースの目標を掲げている。具体的な予定は発表になっていないが、来年も目が離せない存在であるのは間違いない。

Rank 3 Cracksman(クラックスマン) 調教国:イギリス Rating:130
Rank 3 Cracksman(クラックスマン)
調教国:イギリス
Rating:130

【主な勝ち鞍:英チャンピオンS】

前回の発表時、レーティングは122で15位タイであったクラックスマンが英チャンピオンSを7馬身差で圧勝したことを高く評価されて3位に登場。英ダービーでは3着、愛ダービーでは2着とこの春はもう一歩でG1を勝てなかったが、夏にG2のグレートヴォルティジュールSを6馬身差で勝つと、ニエル賞も3馬身半差で勝利。凱旋門賞の有力候補にもあげられたが、そこには出走せず、英チャンピオンSに出走して、ハイランドリール等の実績馬を寄せ付けなかった。来年も現役を続行し、その目標の1つが凱旋門賞となる。先日発表となったカルティエ賞では最優秀3歳牡馬に選出されている。

Rank 4 Gun Runner(ガンランナー) 調教国:アメリカ Rating:129
Rank 4 Gun Runner(ガンランナー)
調教国:アメリカ
Rating:129

【主な勝ち鞍:ブリーダーズCクラシック、ホイットニーS、ウッドワードS】

ドバイワールドCでアロゲートの2着となった走りは本物であった。ドバイ後はいずれもG1戦のスティーブンフォスターH、ホイットニーS、ウッドワードS、そして、先日アロゲートとの再戦となったブリーダーズCクラシックと4連勝。レーティングは2ポンド上昇の129となった。最後までレーティングではアロゲートを抜くことができなかったが、G1戦4勝をしていることから、年度代表馬はほぼこの馬で決まりだろう。年明け1月にペガサスワールドCに出走して引退のことだが、何とももったいない気がする。

Rank 5 Enable(エネイブル) 調教国:イギリス Rating:126
Rank 5 Enable(エネイブル)
調教国:イギリス
Rating:126

【主な勝ち鞍:凱旋門賞、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS、愛オークス、英オークス】

3歳牝馬で凱旋門賞を制したエネイブル。先日発表のカルティエ賞では年度代表馬と、最優秀3歳牝馬に選出されている。既に来年も現役を続行して、トレヴを含めてこれまで2頭しかいない牝馬による凱旋門賞の連覇を目標とする事が発表されているが、もしかすると、その最大のライバルとなるのが、同厩舎のクラックスマンになるかもしれない。この2頭は共にゴスデン厩舎で、主戦騎手も同じデットーリ騎手。最終的には使い分けをするのかどうか現在は分からないが、凱旋門賞で対決となった際はデットーリ騎手がどちらの手綱を取るのか?いずれにしてもこの2頭、来年の欧州競馬の主役となるのは間違いない。

Rank 6 Ulysses(ユリシーズ) 調教国:イギリス Rating:127
Rank 6 Ulysses(ユリシーズ)
調教国:イギリス
Rating:127

【主な勝ち鞍:英インターナショナルS、エクリプスS】

キングジョージでエネイブルの2着、英インターナショナルSを勝利して凱旋門賞は3着と今年、成長著しい1頭であったユリシーズ。凱旋門賞後は英チャンピオンSを回避して、アメリカに遠征し、ブリーダーズカップターフに出走を予定していたが、事前のチェックで左前脚に故障が見つかりドクターストップで出走を取消し。このまま引退して種牡馬入りとなる。ちなみに先日発表となったカルティエ賞では最優秀古馬に選出されている。

Rank 7 Cloth of Stars(クロスオブスターズ) 調教国:フンラス Rating:125
Rank 7 Cloth of Stars(クロスオブスターズ)
調教国:フンラス
Rating:125

【主な勝ち鞍:ガネー賞】

先日アメリカで行われたブリーダーズカップターフはフランス調教馬のタリスマニックが優勝したものの、今回のランキングでは122ポンドで18位タイ。結局、フランス調教馬でベスト10入りを果たしたのはこのクロスオブスターズのみであった。2歳時にはG1のクリテリウムドサンクルーで2着したものの、3歳時はG2、G3でそれぞれ1勝もG1では英ダービー8着、パリ対象3着と勝てなかったが、4歳の今年は成長著しく、5戦3勝、2着2回の成績。G1もガネー賞を勝つと共に凱旋門賞で2着と好走してみせた。来年も現役を続行し、予定ではドバイシーマクラシックを目標とされるようだ。

Rank 7 Harry Angel(ハリーエンジェル) 調教国:イギリス Rating:125
Rank 7 Harry Angel(ハリーエンジェル)
調教国:イギリス
Rating:125

【主な勝ち鞍:ジュライC、スプリントC】

今年6月のロイヤルアスコット開催におけるコモンウェルスCが初のG1挑戦であったが、そこで2着した後、ジュライC、スプリントCとG1を連勝。当然、ブリティッシュチャンピオンズ・スプリントステークスで1番人気となり、コモンウェルスCで敗れたライバルのカラヴァッジオとの対戦に注目が集まったが、ハリーエンジェルが4着、カラヴァッジオは3着に終わった。カラヴァッジオは引退するが、ハリーエンジェルは来年も現役を続行する予定。もちろん4歳となった来年もスプリント路線の主役の1頭となるであろう。カルティエ賞では最優秀スプリンターに選出されている。

Rank 9 Collected(コレクテッド) 調教国:アメリカ Rating:124
Rank 9 Collected(コレクテッド)
調教国:アメリカ
Rating:124

【主な勝ち鞍:パシフィッククラシックS】

デビュー3戦目にG3のシャムSを勝ち、同じくレキシントンSも勝ったのだが、Road to the Kentucky Derbyのポイントが足りずにケンタッキーダービーには出走できず。日本から出走したラニが5着であったプリークネスSには出走も10着に終わる。4歳となった今年はG2、G3を勝つと、2度目のG1挑戦となったパシフッククラシックSでは、同厩舎のアロゲートを下して初のG1勝利をあげた。先日ノブリーダーズCクラシックにも出走して、ガンランナーには敗れたが、再度アロゲートに先着の2着に好走してレーティング124ポンドで9位タイに入った。次走はペガサスワールドCを予定している事から再度、ガンランナーの対決となる。

Rank 9 Ribchester(リブチェスター) 調教国:イギリス Rating:124
Rank 9 Ribchester(リブチェスター)
調教国:イギリス
Rating:124

【主な勝ち鞍:クイーンアンS、ロッキンジS、ムーランドロンシャン賞】

今年はドバイターフから始動して、ヴィブロスの3着であったが、その後はロッキンジS、クイーンアンSとG1戦を連勝。その後もサセックスSで2着、ムーランドロンシャン賞で1着、クイーンエリザベス2世Sで2着と、安定した走りを披露。実はデビュー以来も、クイーンエリザベス2世Sに至るまで15戦で4着以下となったことがなかったのだが、先日、アメリカに遠征して臨んだブリーダーズCマイルでは5着と初めて4着以下の結果に終わった。このレースを持って引退となる。

Rank 1 Hugh Bowman(H.ボウマン) Total Points:130
Rank 1 Hugh Bowman(H.ボウマン)
Total Points:130

春から首位をキープし続けるH.ボウマン騎手。名牝ウィンクスとのコンビで挑んだ10月28日のG1戦コックスプレートを制して、同レース3連覇を達成するとともに、ロンジンワールドベストジョッキーにおける自身の獲得ポイントを130ポイントまで伸ばした。残る対象競走は日米で行われる3戦。ボウマン騎手が騎乗するとすればジャパンCということになりそうだが、ここでポイントを加算できれば初のタイトル獲得がほぼ濃厚となる。

Rank 2 Ryan L. Moore(R.ムーア) Total Points:118
Rank 2 Ryan L. Moore(R.ムーア)
Total Points:118

この1ヵ月で34ポイントを獲得し、トップのボウマン騎手との差を一気に詰めたR.ムーア騎手。しかし、有力馬が多数揃っていたはずのブリティッシュチャンピオンズデーやブリーダーズCで1勝止まりだった点は誤算とも言える。首位ボウマン騎手との差は対象競走1勝分だが、勝ち星で少ないムーア騎手がトップに立つには13ポイントが必要になる。残されたチャンスであるマイルCSとジャパンCで逆転できるだろうか。

Rank 3 Lanfranco Dettori(L.デットーリ) Total Points:86
Rank 3 Lanfranco Dettori(L.デットーリ)
Total Points:86

2位のムーア騎手同様、この1ヵ月で大量点を稼いだL.デットーリ騎手が3位まで順位を上げた。10月中旬以降は、ヨーロッパの平地シーズン最後の大一番であるブリティッシュチャンピオンズデーにおいて、英チャンピオンSとクイーンエリザベス2世Sを制覇。24ポイントを上積みしている。対象競走6勝という成績もボウマン騎手に次いで2位というもので、改めてここ一番での役者ぶりを見せつけた1年となった。

Rank 4 Jim Crowley(J.クローリー) Total Points:78
Rank 4 Jim Crowley(J.クローリー)
Total Points:78

デットーリ騎手の躍進に伴って、一つランキングを下げたJ.クローリー騎手。自身はブリティッシュチャンピオンズデーに行われたクイーンエリザベス2世Sで、タスリートに騎乗して2着に入って6ポイントを加算したが、そのほかではノーポイントに終わった。残された対象レースに騎乗することもなさそうなことから、今年は78ポイントで終了することになりそうだが、その名を世界に知らしめた1年であったことは間違いない。

Rank 5 James Doyle(J.ドイル) Total Points:70
Rank 5 James Doyle(J.ドイル)
Total Points:70

春のロイヤルアスコット開催での活躍によって、一時は3位までランキングを上げていたJ.ドイル騎手だが、その後は最も有力なお手馬であるバーニーロイがインターナショナルS3着、英チャンピオンS9着と揮わず、順位を落とす結果になってしまった。とはいえ、今年は2年ぶりにヨーロッパでG1制覇を果たすなど、中身の濃い1年になったのは確か。来シーズンはさらなる活躍を期待したいところだ。

Rank 6 William T. Buick(W.ビュイック) Total Points:68
Rank 6 William T. Buick(W.ビュイック)
Total Points:68

今シーズン、落馬負傷による離脱期間があったW.ビュイック騎手。先月の時点では8位タイまで順位を下げていたが、ウーエイダで勝利したブリーダーズCフィリー&ターフでの活躍などによって18ポイントを加算し、6位まで順位を戻してきた。離脱中にお手馬のリブチェスターがムーランドロンシャン賞を制するなど、怪我が悔やまれる場面もあったが、この鬱憤は来シーズンのロンジンワールドベストジョッキーで晴らしてもらいたい。

Rank 7 Joao Moreira(J.モレイラ) Total Points:64
Rank 7 Joao Moreira(J.モレイラ)
Total Points:64

ビュイック騎手と同じく、一時期よりは順位を落としたJ.モレイラ騎手。11月7日にオーストラリアで行われたメルボルンCでは、有力候補に挙げられていたトーマスホブソンに騎乗予定だったが、直前のレースで落馬したため乗り替わりに。幸い大きな怪我ではなかったが、残念な結果になった。12月の香港国際競走から始まる新シーズンのロンジンワールドベストジョッキーでも序盤戦を沸かせる存在であるのは間違いない。

Rank 8 John R. Velazquez(J.ヴェラスケス) Total Points:62
Rank 8 John R. Velazquez(J.ヴェラスケス)
Total Points:62

今年、自身2度目のケンタッキーダービー制覇を果たしたJ.ヴェラスケス騎手が28ポイントを稼ぎ、8位まで順位を上げた。この1ヵ月では、アメリカ競馬の秋の大一番ブリーダーズCで2勝。ロンジンワールドベストジョッキー対象レースであるディスタフをフォーエバーアンブライドルドで、マイルをワールドアプルーヴァルで制したほか、ダートマイルでも3着に入り大量ポイントを獲得した。

Rank 9 Tommy Dean Berry(T.ベリー) Total Points:60
Rank 9 Tommy Dean Berry(T.ベリー)
Total Points:60

序盤はランキング上位に名を連ねていたT.ベリー騎手。しかし、後半戦に入ると自身の香港移籍などもあって徐々に順位を下げていった。その香港では11月15日時点で僅か3勝と苦戦気味だが、これまでに数多くの大レースを制していることを考えると、実力はこんなものではないはず。いずれはモレイラ騎手やZ.パートン騎手らとともにリーディング争いを繰り広げることになるのではないだろうか。

Rank 10 Javier Castellano(J.カステリャーノ) Total Points:54
Rank 10 Javier Castellano(J.カステリャーノ)
Total Points:54

4年連続で全米リーディングジョッキーに輝いているJ.カステリャーノ騎手。ロンジンワールドベストジョッキーでも北米に騎乗拠点を置く騎手として初のタイトル獲得に期待が懸かったが、大量ポイント獲得のチャンスだったブリーダーズCでは対象レース外のジュヴェナイルフィリーズの1勝に終わり、対象競走でもクラシックで3着に入っただけに終わった。移動が多い北米だけに簡単ではないが、来シーズン改めて期待したい。