World Race News.com(WRN)についてWorld Race News.com(WRN)について

World Race News.com(WRN)サービス提供の背景World Race News.com(WRN)サービス提供の背景

World Race News.com(WRN)は世界の競馬主要国(日本は除く)における“競馬情報”をニュース・コラムといったコンテンツを通じて、日本の競馬ファンの皆様に発信しております。

詳細スケジュールはこちら 詳細を見る詳細スケジュールはこちら 詳細を見る

なぜこのようなサービス提供を行っているのかと言えば、皆様もご存知だと思いますが、早ければ2016年度よりスタートとなる『日本における海外競馬レースの馬券発売』。
簡単に言えばそれに向けて、日本の競馬ファンの皆様にいち早く海外競馬について今よりも興味を持っていただき、学んでいただき、そして楽しんでいただきたいからに他になりません。

海外競馬に興味を持ち、学ぶ必要性とは海外競馬に興味を持ち、学ぶ必要性とは

では“楽しむ”は別にして、何故、海外競馬に興味を持って、それを学ぶ必要があるのでしょうか?

その答えは明白です。
それは先ほどの『日本における海外競馬レースの馬券発売』において、報道によれば「そのオッズは主催国とは別で国内の売り上げのみを反映する」となるからなのです。

これだけでは意味が分からないと言われる方がいて当然なので具体的な話をしましょう。

まず質問させてください。あなたはどうお答えになりますか?

“仮に凱旋門賞に日本の馬が出走する場合、あなたはどういった馬券を買いますか?”

恐らく大半の方が『その日本馬の単勝を買う』と言われるでしょう。
また実際に馬券種別は当初、単・複など限られると言われていますが、もし馬連の発売であっても『日本馬を軸にして流す』と言われるでしょう。

いずれにしても“日本馬を中心とした馬券”になるでしょう。
もちろん応援の意味を含めて“日本馬を中心とした馬券”が駄目と申し上げるつもりはありませんが、ここで日本の競馬を販売している香港の実例をお伝えします。

2015年高松宮記念、その時香港では2015年高松宮記念、その時香港では

2015年度の高松宮記念。皆様、その結果を覚えていらっしゃるでしょうか?
同レースを勝ったのは香港から遠征してきたエアロヴェロシティ号。4番人気で単勝は650円でした。
しかし、この高松宮記念、香港においても香港での売り上げのみを反映させる形で発売されていたのですが、なんとそのエアロヴェロシティ号の単勝オッズは180円だったのです。

つまり将来的に凱旋門賞をはじめとした海外のレースが日本で発売されたとしても、「そのオッズは主催国とは別で国内の売り上げのみを反映する」限り、日本の競馬ファンが買う応援単勝馬券はほぼ間違いなく“断然の1番人気”となるでしょう。

これがエアロヴェロシティ号のように勝てばまだしも、“断然の1番人気”の日本馬を凱旋門賞で買って負けてしまったら、どんなお気持ちになりますか?

『負けてもいい。日本馬を次も応援して単勝買う』と言われるのであれば、これ以上、何も申し上げることはありませんが、それではせっかく日本で海外の馬券が発売されるようになるのに、馬券を買う意味がないのはお分かりいただけるのではないでしょうか?

海外競馬を学べば”高配当”を狙うことも可能海外競馬を学べば”高配当”を狙うことも可能

『なんだ。それなら海外のレースが発売されても全くつまらないな』

もしかして、ここまでお読みのあなた様はこのように思われるかもしれません。しかし、そうではありません。
凱旋門賞に日本馬が出走した際、日本でその日本馬の単勝を買って断然人気となるのであれば、他の外国馬が現地のオッズよりも“高配当”になる可能性が大なのです。

ちなみに先ほどの高松宮記念、エアロヴェロシティ号が負けて、実際に2着であった日本のハクサンムーン号が勝っていたとすれば、日本での同馬の単勝は1680円。そして香港ではなんと2倍以上の3400円の配当だったのです。

つまり凱旋門賞に日本の馬が出走し、日本では断然の1番人気となったものの負けた場合、1着となる外国馬のオッズは現地より“高配当”となる可能性が高いのです。
もちろんそれば全てとは言いませんが、『日本における海外競馬レースの馬券発売』においては、競馬ファンの立場からすれば、そこに参加するメリットがあると言えるのです。

WRNは海外競馬を学び楽しむための情報を提供してまいりますWRNは海外競馬を学び楽しむための情報を提供してまいります

しかし、再び凱旋門賞を例にしてお話ししますが、1着となる外国馬を見つけることは容易ではありません。
何しろ現状、日本の競馬ファンはその外国馬の知識、また海外競馬の知識がないのですから。

だからこそ、皆様には我々WRNを通じて、海外競馬に興味を持っていただき、学んでいただき、そして最終的には日本の競馬と同様に楽しんでいただきたいのです。
いつの日かは、日本の競馬ファンが海外競馬を学ぶことにより、日本馬の応援馬券ばかり買うことを控えることから、そのオッズも現地とほほ同様になるかもしれませんが、しばらく数年の間はそういったことにはならないでしょう。

何かのご縁で今、このページをご覧の皆様においては、他のファンに先駆けて、WRNを通じて海外競馬に興味を持っていただき、学んでいただき、そして来年にスタートする『日本における海外競馬レースの馬券発売』後には、大いに楽しんでいただきたいと思います。
WRNではそういった皆様のお役に立つべく、海外競馬情報提供サービスのパイオニアとして一意専心努力して参りますのでよろしくお願い申し上げます。

詳細スケジュールはこちら 詳細を見る詳細スケジュールはこちら 詳細を見る